広島市民球場にて広島対横浜戦(レフトスタンドにてハマの応援の弾丸ツアー (2006年7月某日)

先月末に行く予定だった広島弾丸ツアーに1ヶ月遅れではありますが、行ってまいりました。
主目的はレフトスタンドでハマ応援団に混じってハマ応援に精を出すことです。そのためにわざわざ広島くんだりまで足を運ぶという、正直目的意識が低いツアーなのでであります。しかも日帰りです(正確には深夜帰宅)。いかんせん、広島の地に足を踏み入れるのはおよそ二十数年ぶり、更に車で広島に乗り込むのは初めてなことでありますんで、ある程度は予備知識を用意しつつシミュレートしてたものの、旅にハプニングはつき物、というか若干ナメてた部分もあり予定通りには事は運ばないのが良くも悪くも面白い部分でもありますな。

第1部 立志編 [出発〜球場到着]  (長くなりそうなので3部構成にしました;;)

弾丸ツアー当日、午前11時頃に家を出発。わがライオン丸エボは快調に国道をちょろちょろと走りつつ関門トンネルを通過し本州上陸。
時間もお昼時なのでフラカッソにて昼食。実はこのフラカッソ、数年前までは福岡にもあったものの今では撤退してしまったおかげで、最寄でもここに来ないと食べれません。特筆するような食事どころではないんだけれども(平たく言えばタダのファミレス)、コストパフォーマンス(価格・味・内容・サービス等総合的に判断)がなかなか満足度の高いファミレスでして、うちら夫婦は昔からお気に入りなところなのであります。ジョリパスよりも安いってのが非常に魅力です。ホント昔はアホなくらい食べにいってたもんです。飯場がなかなか決まらなかったりすると、たいてい行ってたくらい、なんなら宝くじ当たったら店1件まるごと買い取ろうかとかいうバカな話すら会話に出てくるほど好きなファミレスです。それはともかく、パスタ3皿とスップリ1皿ほどペロっといただいて腹ごしらえ(写真は完食後のソーサー群)。今からの長旅に備えます。しかし食いすぎで既に苦難の道のりの様相を…。
小月ICから高速に飛び乗ったのがだいたい13時30分くらいだったかな。




高速入ってからは、まぁ人並みな程度の速度で走行しながらPAやSAに悉く立ち寄って広島へと向かっておりました。
PA巡りも趣味の一環なので、何を買うわけでもなく、出す排泄物もあるわけでもなく、はたまた休憩意識が高まっていたわけでもなくフラフラと吸い込まれるようにPA・SAに寄ってきました。何もなさげなところはそのまま通過するような感じで。別にアップするほどの事はないと思しきPAの写真。美東と佐波川?ですかね。佐波川は大したことなかったのでスルーしました。あとお約束で宮島ではおやつにもみじ饅頭を購入。最近は色んな種類のものが出ておりますな。


   

宮島のSAを後にして五日市ICで高速道路を下車。この時点で15時過ぎ、高速でだいたいここまで2時間弱といったところ。まぁ、途中SA・PAで道草くってましたんで、賞味は1時間半くらいで通過できるかと。山陽自動車道は比較的飛ばし易いので速いですな。ぬゆふキロくらい出てましたかね、空いてる区間では。混雑もほぼ皆無で追い越し車線を容易に流していけましたし
IC降りて国道2号線に接続するわけですが、ここってかなり都会?ですかね、もしかして。しかも中心部をバイパスが通っているので、中心部に出るにも非常に便が良さげです。福岡の中心部とは大違いです。土曜の午後ながら頭に来るような渋滞なども通過した区間では存在せず、すんごく動きやすかったのが印象的です。マジで福岡もどうにかして欲しいもんだ。
駐車場は球場から歩いて10分ちょいのコインパーキングに駐車(h=¥200、1日¥1200縛りのなかなか手ごろなP)。球場に駐車場が付設していないので、公営あるいは民間のパーキングを観戦の際は利用することになるようです。事前に駐車場も情報を集めていましたが、結局その情報とは無縁の場所のパーキングに停めました。早速予備知識が役に立っていません(笑)。ちなみに、16時くらいでしたか、車置いたのは。

因みに、下の写真の橋ですが、歩道が狭い上に手すりがやたらと低く(腰のあたりまでしかないような…)、ちょいとほろ酔い気分で渡ろうとしようもんならよろけて体が傾いて平衡感覚失ったら最後、いとも容易く川に落ちることが可能です。歩道の幅も人2.5人程度しかないですし、自転車が向かってくると離合するのにも結構気を使います。更には歩道中央が視覚障害者用の黄色いプレートが親切にも装備されてるので、結構デコボコしてて私のような重心が安定しない歩き方をする者にとっては結構危険なゾーンです。しかし、これって広島スタンダードなんでしょうかねぇ。


 
 

しかし平和大通りは福岡比で言わせてもらうと、中心部の割には喧騒とは無縁な感じのゆったりした所ですね。平和公園という場所が場所だけにそういった風情をかもし出しているのかもしれないですけど。昔のかすかな記憶を引きずり出し平和公園を横切りつつ球場へ歩を進めていきます。平和公園から橋を渡った先やや北側に原爆ドームが位置します。およそ四半世紀ぶりに見た原爆ドームはこんなに小さかったのかなぁとしみじみ。それは単純に自分が小さかったから余計大きく目に映ったという解釈でいいでFAです。今となってはリアルに結構小さい建物です。因みに下の写真に写ってるサッカーシャツ着たお子様、インテルのレプリカらしきものですが後ろのネームは「9番 ロナウド」…古いな…しかもバッタもん(アンオフィシャル)ぽいぞ。

 

(注意)ここからは広島市に詳しくない、またドーム球場世代のNPBファンでありつつ主にホークスファンである輩の主観で観戦記が展開されますので、その辺を考慮して読んで下され。「そんなのあったりめーじゃん」的な突っ込みはナシでお願いします。

 

平和公園抜けると街中に何気に広島市民球場がありました。まわりはビルや大通り、果ては世界遺産が隣接するとんでもない場所にあります 。正直ビックリです。駐車場がないというのはまぁ納得ですね、こんな中心街じゃそんな土地あろうはずもないでしょうし、いちお市民球場なんでそこまで用意がよくもないだろうし。球場の周りにセントラルリーグ優勝記念碑みたいなのもあります。球場自体もそうですが、球団に歴史を感じずにはいられない仕様となっています。結構この段階で私のテンションはジワジワと上がってきてます。

 

外野席の入り口に向かう途中、なんとホッシー君が地味にファンサービスに精を出していました。横の兄ちゃんが日程表を配りつつ、ホッシー君は数が少ないながらも写真撮影に快く応じておりました。なので思い出作りにうちの嫁も記念撮影。この時の気温がはたしていくらだったかは定かではないですが、確実に30度以上は体感であった感じだったので、ホッシー君の中の人はさぞかし大変だったでしょう。救いはこのあたりは日陰になってたことか。逆に言えば日向にいくと恐らくホッシー君は営業活動どころではなくなるので、この日陰ゾーンでしか活動できないというのが正直なところじゃないのかな。私も着ぐるみ経験ありますが、マジで夏場は地獄ですしね、中の人は。まだ下半身が着衣なだけましか…。

 

交流戦ではこんなことできなかったですしね。なかなか貴重なショットです。しかし、見た感じホッシー君に釣られてるガキはあまり見受けられなかった感じが…ちょっと背中に哀愁が漂っていたのは気のせいでしょうか。さてさて、チケット購入してまずは球場の中へ侵入といきますか。




戻る

inserted by FC2 system